メルマガ文字数の目安とは【最適な文字数を公開】

Webマーケティングスキル

今回は、僕の読者さんからもいただく質問の一つ。

メルマガで稼ぐ仕組みを知りたい人
読者さん

メルマガの文字数ってなん文字が最適なの?

 

メルマガ文字数の目安が知りたい!

こういった悩みにお答えしていきます。

 

ということで、いきなり結論からお伝えしちゃいますね。

メルマガを書く上で文字数に関してどういった考えを持つのが正解なのかというと「伝えたいメッセージが、 正しく、かつ分かりやすく伝わっているかどうか?」これが全てです。

つまり、メルマガに適正文字数なんてものはありません。

メルマガは文字数で測るものではなく、 伝えるべきメッセージが伝わるだけの文字数で書くことが正しい文字数の尺度。

この考え方についてを、SEOの観点から見たブログの文字数のお話しを織り交ぜて解りやすく解説していきます。

そもそも適正文字数の定義ってなに

まず、ブログの理想的な文字数に関してですが、1記事の文字数が「2000文字~4000文字」程度だと言われていたりします。

なぜこの文字数を目指すのがいいと言われるのかというと、 SEO的なメリットから考えて2つの意図があります。

  • 文字数を多めにすることで来訪者の滞在時間を延ばすため
  • グーグルが文章量の多さをサイトの有益さを判断する1つの指標にしているらしいということから

ブログ文字数に関してはこの2つの意図をもって文章量の目安を決めています。

つまり、 記事を書く際に「伝えるべきメッセージを伝えること」 という目的以外に不純な動機が紛れ込んでいるというわけです。

たとえメッセージが1行で伝わるもので、なおかつ1行で伝えたほうが分かりやすいような内容であった場合だとしても、 ブログの場合はSEOの観点から考えてそう出来ないというわけです。

とはいえ、検索順位で2位の記事が10000文字で、1位の記事が3000字なんてこともあることから長文だから順位が上がるわけでは無いということも判断できます。

しかし、基本的に読まれる記事の定義として、適切な文字数というのがブログには定められています。

これがメルマガになるとがらりと変わります

では次にこれがメルマガの場合は文字数になるとどう考えれば正解なのかというと、冒頭でお伝えしたように「伝えたいメッセージが、 正しく、かつ分かりやすく伝わっているかどうか?」というのが全てになります。

 

ブログを書くときもっとも重要な事の一つとして「訪問してくれた人の悩みを解決すること」というのが挙げられますよね。

しかしメルマガはブログとは違い、読者にとって理想の未来を想像させることをメインに文章を書いていきます。

ブログのように、記事が検索エンジンで上位表示させられるように!とか、タイトルや見出しにキーワードをちゃんと盛り込んで~とかそういうことは一切考える必要がないわけです

つまり、 「とにかく伝えるべきメッセージを伝えること」これだけがメールの持つ目的ということです。

仮に10行で完璧に伝わってしまうならばそれ以上に文章を伸ばすことはまったく逆効果ですし、10000字くらい書かなくてはまったく伝えられないようならばそれだけ長く書く必要があると考えています。

 

メルマガは文字数を気にするよりも、

  • 正しくメッセージを伝えられているかどうか
  • 読者が理想とする未来・ストリーを語れているかどうか
  • 主張に共感をしてもらえるかどうか

このような「効果」の部分を基準に考えたほうが良いというのが定義になります。

成田
ユウ

その効果を出せていないようであれば、文字数に関わらずそのメールは修正する必要があるということです。

とはいえ、ある程度の目安を知りたい…

こういった方に向けて話をするのならば、基本的に最初の挨拶から数えてフッター部分は抜いた本文部分がMAXでも2500文字くらいまでを目安にしてみると、長すぎず短すぎないバランスで文章を書けると思いますよ。

僕の体感的にですが、メルマガでそれ以上になるとたとえ文章が面白かったとしても離脱率は上がりますね。

メルマガは読者が読んでいて苦痛を感じた瞬間に終わります。
なので、それ以上にならなければ伝わらないような内容であるならメルマガには向かないかもしれませんね。(数回に分けて伝えてみるとかしたほうがいいです。)
 

最適なメルマガ文字数の目安とは:まとめ

というわけで、メルマガの文字数は、

  1. 伝えるべきメッセージを正しく、かつ分かりやすく伝えられるだけの量
  2. MAXでも2500文字程度まで(それ以上になるなら分割したり、メディアを代えて伝えること

この辺りを意識して執筆して頂ければと思います。

 

それと、「分かりやすくという部分を、「丁寧に解説する」という風に捉えないでください。

短い言葉で伝わるのであればそれに越したことはありませんからね。

他のメルマガ発行者を研究していると「分かりやすさ」を履き違えて、逆に冗長で読みづらいメールを書いている人もけっこう多いと感じることが多いので、そういう部分も踏まえた上で「伝えるべきメッセージを正しく、かつ分かりやすく伝えられるだけの量」ということを意識して文章を書いていきましょう。

追伸:『失敗しないネット起業講座』を開催致しました!

ネット起業のプロである僕が、インターネットを使ってオンライン起業するために必要な事の全てを、僕が運営している公式LINEアカウントで僕の実践経験を基に包み隠さず現在無料公開しています。

  • ネット起業に少しでも興味がある
  • ノーリスクで副業が始めたい
  • 時間・経済的な自由を手にしたい
  • 脱サラして自分が本当に望んでいた人生を謳歌したい
こういった考えを少しでもお持ちの場合は、是非僕のネット起業講座をチェックしてみて下さい!

>>LINEをやっていない方はこちらをクリック<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました