メルマガで稼ぐ2つの方法|初心者がPC1台で稼げるようになるまでの仕組みを解説

Webマーケティングスキル

こんにちは、ユウです。

本記事は、メルマガで稼ぐ方法が知りたいと考えている方向けの記事となります。

 

本記事では「そもそもメルマガで稼げるのか?」という話から、「メルマガを使った具体的な稼ぎ方」を解説していきます。僕自身、自分が展開しているビジネスにメルマガを導入してから既に一年弱経ちましたが、僕が実践してきた経験から「どのようにメルマガをビジネスに活用させると稼げるのか?」というような僕の過去の経験に基づいたノウハウを解説していきます。

2020年現在、個人がメルマガで稼ぐことは可能なのか?

成田
 

結論、可能です。

なぜなら、僕自身もメルマガを中心としたビジネスを展開し、そこで得た利益で生活をしているからです。それに現在では、僕のように会社に勤めながら副業で個人ビジネスを始めその後起業した方はもちろんのこと、その他個人事業主や主婦の方ですらメルマガを使ってお金を稼いでいます。

 

そんなメルマガですが、メルマガを含むメールマーケティングというのはかれこれ10年以上も前から存在しています。

そのため最近では、メールマーケティングに変わるSNSやYouTubeなどのツールを使った新しいマーケティングの手法が市場に登場してきたため、「メルマガはもう時代遅れなのでは?」とメールマーケティングが持つ力を侮ってしまいがちですが、まだまだメルマガは市場の中核に位置付けられています。その証拠に、楽天やAmazonといった大手企業も、日々メルマガを発行しています。

 

このような背景から、メルマガを含むメールマーケティングが、現在も市場の中で確立された手法であるということが理解できます。

従って、2020年現在、メルマガは個人が稼ぐためには“必須”と言えるとても重要なツールの一つという認識でOKです。※ 個人でビジネスを始めるならすぐに導入することを推奨します。

企業に留まることなく、どんな人であっても正しく実践していけば稼ぐことが可能なのがメルマガというツールであり、だからこそ、多くの「個人」がメルマガを導入し、多くの利益を上げられているというわけです。

まずはメルマガ配信システムを契約しましょう。マイスピーがおすすめ

お金, スマートフォン, デジタル機器

メルマガをビジネスに導入するには、メルマガ配信システムを契約する必要があります。

個人的にはマイスピーという配信スタンドの導入をオススメします。マイスピーを推奨する理由は、メルマガを配信する上で最も重要ポイントとなるメールの到達率が他スタンドに比べて圧倒的に高いから。

成田
 

マイスピーであれば、パーソナルプランで十分です。

 

 無料で使える配信システムは、不要な広告が入ったり・登録アドレス数が少ないなどのデメリットを抱えることになりますのでご注意ください。自身の懐事情と要相談して配信システムを決めるようにしましょう。

メルマガで稼ぐ方法とは?確実な2つの方法と仕組みを解説

メルマガは、基本的には下記の2通りの方法で稼いでいくことになります。

その①:アフィリエイト

その②:独自コンテンツの販売

この2つ以外にも、企業の商品やサービスを自身のメルマガで紹介して広告出稿費を頂く「広告媒体として稼ぐ」という方法もありますが、こういった稼ぎ方の場合、読者数が最低でも30,000人は超えてこないと成り立たないことから初心者にはオススメできません。

その①:アフィリエイト

皆さん言わずと知れたアフィリエイトですが、アフィリエイトとは成果報酬型広告のことです。

 

アフィリエイトの仕組み図

この図の通り、主に企業が広告主となって自社の売りたい商品やサービスをアフィリエイターに紹介してもらい、売り上がった場合にのみ成果報酬が発生するという仕組みになっています。

 

アフィリエイト報酬が発生する主な条件としては、

条件①:広告がクリックされた場合

条件②:広告がクリックされて、商品が購入された場合

基本的にはこの2パターンです。

 

アフィリエイトは、商品を仕入れたり・作ったりする必要がないので、初心者でも実践しやすいというメリットがあります。

扱う商品によっては、1本商品が売れると1万円以上の報酬が入るものもあります。

しかし、僕の経験上アフィリエイトだけに依存することは推奨しません。なぜなら、「広告主からの広告が予告もなしに急に停止してしまったり」「報酬額がいきなり下がったり」と予期せぬ事態に陥る可能性があるためです。

 

従って、アフィリエイトは、これから解説する②パターン目の稼ぎ方にうまく織り交ぜるなどして実践していくことをオススメします。

その②:独自コンテンツの販売

そして次に、独自コンテンツ・サービスを販売して稼ぐ方法。メルマガで稼ぐなら間違いなくこれです。

稼ぎ方としては、アフィリエイト同様に商品やサービスをメルマガを通して販売していくというものです。広告主から依頼された商品ではなく、自分で作成したもの・もしくは自社で扱っている商品やサービスを販売していくという流れ。

 

この稼ぎ方のメリットは、何にも依存していないという点です。

アフィリエイトのように広告主に依存していないことに加えて、扱えるコンテンツの幅が広いのもメリットの1つです。
  • note
  • コンサル
  • オンラインサロン
  • 情報コンテンツ(動画・音声・PDF)
  • ネットスクール
他にもあると思いますが、個人が扱える高単価商品を挙げる場合、最近だと主にこういったサービスを扱い、販売していきます。
 

アフィリエイトにも言えることではありますが、商品は一度作ってしまえば何個も同じものを作る必要がないため、販売までの流れを全て仕組み化させられるというのがメルマガの強みです。

既に個人事業や店舗をもやっていて、商品やサービスがあるという場合はそれをそのまま扱っていくことも可能です。

どのくらい稼げるのか?

お金, コイン, ノート

一番気になる部分かと思いますが、独自コンテンツ販売であれば月収100万円以上を狙うことも十分に可能です。簡単に言うと、3万円のコンテンツを作成したとすれば、10人に販売出来れば30万円、30人に販売出来れば90万円の利益になります。

 

そうなるためには、効果的に集客出来るようになる必要があるわけですが、正しくメルマガを活用することが出来れば、十分に大きな金額を稼ぐことが出来るようになります。

まずは、メルマガを使って1円でも稼げるようになることを目標にスタートしていき、3万円、5万円、10万円、20万円、30万円といった感じで徐々に収入を増やしていきましょう。

僕自身も集客が効果的に出来るようになったことで、少しずつ稼げる金額が伸びていきましたからね。

成田
 

もちろん集客だけじゃなく、マーケティング全体の底上げが必要にはなります。

商品の販売はSNSやブログではなく、なぜメルマガ?

僕の考えでは、SNSやブログというのはあくまでも集客媒体であるという考え方でビジネスを行っています。


なぜかというと、

  • セールス色をなるべく薄くするため
  • 戦略的にマーケティングが行える

といった2点のメリットがあるためです。

 

SNSで何か商品をセールスしようとすると、不特定多数の人に向けたものになってしまいます。

つまり、ターゲットを限定することが出来ていないので、メルマガのような個人メディアと比較したときに明らかに成約率に差が出来たという実験結果が出ているくらい、SNSでのセールスはナンセンスです。

 

有名人やファンが多い方が宣伝するとは違い、僕たちのような一般人がそれをやったところで誰が価値を感じるでしょうか?

なので、メルマガで稼ぐことを考えているのであれば、そういった方はあくまでもブログやSNSというのは、メルマガの読者を獲得するための集客媒体なんだということを覚えておいてください。

結論:アフィリエイトも実践しつつ、コンテンツ販売でガッツリ稼ぐ

というわけで結論ですが、メルマガを使った稼ぎ方としては「メインはコンテンツ販売で稼げるようになることを目標にし、そこに付随してアフィリエイトに取り組む」というのが初心者向けの副業となります。

これから副業を始める方、既にビジネスを実践しているがメルマガを導入していない方は、本記事を参考にメルマガビジネスを実践してみてください。

 

以上、メルマガで稼ぐ方法の初心者向け解説でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました