仕事をしたくない人が働かずして生きていくには?【何にも縛られず自由に生きていく方法】

人生の悩み

ユウです!

今回は、仕事をしたくない人が働かずして生きていく方法を解説していきます。

というのも、実際問題仕事したくないと思ってる人ってめっちゃいると思います。

因み僕もそのうちの一人でした。

単純に仕事がしたくないっていう理由であったりとか、職場の上司からのパワハラが原因で会社に行きたくないとか、残業が多すぎるとか、休みが全然取れないとか、、

理由は、ほんと人それぞれあると思うんですが、そんなこんなで精神的にもかなりキテる人って沢山いるはずです。

なので、そういった方達に向けて、今回働かずして生きていく方法というテーマで記事を書いていこうと思います。

仕事をしたくない人が働かずして生きていくには?【何にも縛られず自由に生きていく方法】

働かずして生活をしていくために必要なこと

まあいきなりすごい壮大さを感じてしまうようなテーマではありますが、実際のところ今現在の世の中には、会社に行きたくなくて毎日辛い思いをしている人が沢山いる反面、テーマにもあるように働かずして生活をしている人もたくさんいます。

それも他人に頼ったりするのではなくて、歴とした自分の力によってですね。

なので、どういった仕組みで、どのようにしてそんなことを成し得ているのか?ということを今回解説しながら、実際に記事を読んで下っているあなたにもそういった状況を手にしていただくために必要なことをお話ししていきます。

 

因みに一応最初にお伝えしておきますが、今回の話は実家に引きこもりながら親のすねをかじってニートのようにダラダラと生活していくということではないので安心してください。

というわけで早速解説をしていきたいのですが、まぁそもそもそんな美味しい話というか、楽な話なんてあるのかよ!って思う方が多くいるのではないかと思うんですね。

なので、まずは働かずして生活をしていくために必要なことをお伝えしていきます。

まず生活していくには、言わずもがな生活費が必要になります。

なのでこの生活費を、どのように働かずして手に入れるか?ということを考える必要があります。

もうこの時点でなんだか怪しい匂いがしてきているように感じられる方もいると思いますが、非合法的なことは一切やりませんのでご安心ください。

 

ではどのようにして、働きもせずに毎月の生活費を得るのか?というと、これは「収入を自動で生み出す仕組みをネット上に構築して、毎月不労所得を得ることで生活をする」という方法になります。

つまり、労働することでその対価として会社から得られるお給料に頼って生活費を稼ぐのではなく、ネットを効率的に活用して、ネットを介して自分のビジネスを持とう!ということですね。

なので、何か人を騙したりだとか、法律に違反するようなことをして生活費を稼ぐのではなく、しっかりと法律で定められたルールに則ったビジネスでお金を稼いで自由を目指す方法をこれから解説していきます。

ネット上に収入が自動で発生する仕組みを構築して稼ぐ

で、ここまで聞いて、

「ビジネスってことは、結局仕事しなきゃいけないんじゃん」って思った方、

さっきも言ったように今回お話しする方法は、ネット上に収入が自動で発生する仕組みを構築して稼ぐ方法です。

なので、仕組みが構築出来さえすれば、基本的には何もしていなくても収入が生まれる状況が作り出せるため、わざわざ会社に出社したり、決まった時間働く必要は一切なくなります!

ただ、その仕組みを構築するためには、いくつか必要な作業があります。

つまり最低でもその仕組み作りは、ご自身で実践していただかなければいけません。

この時点で面倒だからいいや!とか、自分にはそんなこと出来そうにないな〜って離脱を考えちゃう人がいると思いますが、

この仕組みを構築するために必要な作業というのは大きく分けて3つだけです。

それは何かというと、
  1. ネットを介した情報発信
  2. デジタルコンテンツの作成
  3. コンテンツが自動で売れる販売導線の作成
基本的にはこれだけです。

なので、難しそうと思った方も、最初から諦めちゃうのではなくて、最後まで僕の話を聞いていただければ、

どういった仕組みで、どのようにして収入が自動で発生するようになるのか?ということは理解出来るので、

このまま最後まで話を聞いていただけると幸いです。

1.ネットを介した情報発信

それではまず1つ目の作業、ネットを介した情報発信についてですね。

まず情報発信とはなんなのか?というと、ネット上に存在する、あらゆるメディアを活用して、不特定多数の人に向けて自分の持つ何かしらの知識を価値のある情報として発信していくことを指します。

ここでいうメディアというのは、
  1. sns全般
  2. ブログ
  3. YouTube
  4. note 
  5. etc.
とかこういったメディアのことで、これらのメディアをオープンメディアと言います。

オープンメディアとは、そのままの意味で不特定多数の人に向けて情報を発信できるメディアです。

このオープンメディアを活用することで、自分の持つ知識の中で価値のある情報になりそうなものを見つけて、

それを何処かの誰かの抱えているであろう悩みの解決につながるような情報として提供してあげるんです。

何故こんなことをするのかというと、まずこの第一ステップの段階では、あなたの情報に価値を感じてくれる人・つまりファンになってくれる人を獲得するために行います。

因みにここで獲得したファンというのが、後ほどのステップでとても重要になってきます。

資金を使わず効率的にファンを獲得するには、この情報発信が最も有効なので、まずはここから始めていき、少しずつでいいのでファンを獲得していきましょう。

で、情報発信って一度投稿してしまえば、自分で削除しない限りはネット上残ります。

ということは、あなたが他のことで忙しくしている間や、寝てる間でも、勝手にその投稿が不特定多数の人の目に付くようになります。

つまり、投稿数が増えれば、必然的に何もしていなくてもファンが集まるようになるということなんですね。

YouTubeの動画を想像してみてください。

動画は一度アップしたら、時間帯を選ばずに勝手に動画がYouTubeユーザーに視聴されますよね。

つまり、情報発信によってゆくゆくは労力をかけることなくファンを獲得していける状況を作り出すことが出来るというわけなんです。

これが効率的にファンを獲得するための方法と言える理由の一つです。

そして、発信していく内容についてをもう少し深掘りしながら解説していきます。

まず価値のある情報とは、何処かの誰かが抱えているであろう何かしらの悩みということは理解出来たと思います。

じゃあこの何処かの誰かが抱える何かしらの悩みってどんな悩みのことを指しているのかというと、

これは本当にどんな小さな悩みでも該当します。

例えばですが、あなた自身が美容に関する知識を多く持っていたとしますよね。

で、美容の中でも人それぞれ抱える悩みって違うわけじゃないですか。

そこで例えばあなたが肌の悩みに関する知識を蓄えているのであれば、

  • 肌を今よりも綺麗に保つ方法とか、
  • ニキビ・吹き出物を治す方法とか、
  • シワを目立ちにくくする方法とか、

こういった一般的に考えられるような様々な肌の悩みの解決に繋がるような情報を発信してあげるんです。

そうすることで、肌の悩みを抱えていた人は、あなたの発信する情報に興味を持ち、情報に価値を感じてくれて、あなたのファンになってくれる流れが作り出せるというわけですね。

で、仮に現在何も発信出来そうな知識を持ち合わせていないと感じてしまう場合に関しては、

まずはなんでもいいので一つ発信していくジャンルを決めて、知識を付けるところから始めていきましょう。

ジャンルってどんなものがあるの?って人のために具体的にいくつか挙げてみると、

  1. 健康
  2. ダイエット
  3. 筋トレ
  4. 人間関係
  5. 恋愛
  6. 結婚
  7. 離婚
  8. 食生活
  9. お金
  10. 就職
  11. 転職

という感じであげたらキリがないくらい沢山のジャンルがあるので、何かしら自分に合ったものを選択して、そのジャンルで価値のある情報を発信しながら、

あなたのファンを集めていくようにしましょう!

2.デジタルコンテンツの作成

続いては2つ目の作業についてですね。

ここではデジタルコンテンツの作成を行なっていきます。

まずここでいうデジタルコンテンツとは一体どんなもののことを指しているのかというと、

情報発信同様、ネット上にデータとして作成されたコンテンツのことです。

要は動画コンテンツ・音声コンテンツ・PDFコンテンツのような、ネット上にのみ存在するコンテンツのことですね。

ここではこのデジタルコンテンツ作成を行うわけですが、なぜデジタルコンテンツを作成するのかというと、先程解説していた情報発信によって集まったあなたのファンに対して、作成したデジタルコンテンツを販売するためです。

販売の具体的な方法に関しては、3つ目の作業のステップで解説していきますが、その前にこのデジタルコンテンツについてをもう少し詳しく解説をしておくと、まずデジタルコンテンツを作成する際は、情報発信の際に決めたジャンルと同ジャンルでの作成となります。

なぜかというと、情報発信で価値を感じてくれた人たちは、発信しているジャンル内で何かしらの悩みを抱えているわけですから、それに付随したコンテンツを作成していかなければ、ほぼ99%購入へとつなげることが出来ません。

そのため必ず情報発信と同ジャンルのコンテンツを作成していきます。

そして、コンテンツの作成方法についてですが、これは先ほど挙げたようなコンテンツ形式の中から自分の提供したい形式を選んで、選んだ形式でコンテンツをしていきます。

で、それらを作成していく際のコンテンツの内容を軽く説明しておくと、まず基本的に情報発信では「〇〇な悩みを抱えている方は○○しましょう。なぜなら、、、」というように悩みの解決方法を伝えていますよね。

そしてコンテンツでは、情報発信で伝えた手法・ノウハウに対して、それの実践に必要な作業方法を解説してあげるようにすると、情報発信の内容をなかったことにすることなくコンテンツにも価値を感じていただけるはずです。

更にそこにサポート特典とかをつけたりして、直接質問に答えたりしながら購入者の更なる悩み解決に繋げられるような内容にしていきます。

それからコンテンツの価格については、自分で設定することになります。

つまり、高単価に設定することも出来れば、低単価で設定することも出来ます。  

ジャンルによって相場は異なりますが、デジタルコンテンツの一般的な相場として、めちゃくちゃザックりとではありますが、

  • 低単価➡何百円〜何万円程度
  • 高単価➡何十万円〜何百万円

といった金額で提供している方もいます。

ただ、自分の利益のことだけ考えて価格設定をしてしまうと、例え購入して頂けたとしても、後々詐欺だとか、そういう批判的の声を集めることになってしまうので、

ここはしっかりと、コンテンツボリュームだとかサポート内容とかを考えて、価値に見合った価格設定をするようにしましょう。

また、デジタルコンテンツも情報発信同様に、ネット上にデータとして作成していくため、一度の作成で、それを何十、何百人といった人に提供していくことが出来ます。

そのため費用対効果がかなり良いので、オススメです!

とまぁ簡単にではありましたが、デジタルコンテンツとはこういったもので、

このデジタルコンテンツを販売することで、収入を生み出していきましょう。

3.コンテンツ販売自動化のための販売導線の作成

そして最後は、このデジタルコンテンツをほとんど自動で販売していくための販売導線の作成についてです。

ここが最も重要なポイントと言っても過言ではありません。

なぜから働かずしてというテーマがあるように、労力を使わずして、自分の商品・コンテンツを販売していきたいわけですから、

ここがちゃんと理解できていなければ、基本コンテンツが売れることがありません。

コンテンツが売れなければ収入が発生しませんので、ここの仕組みの作り方はちゃんと理解しておきましょう。

ではまず、どうすれば作成したコンテンツを自動で販売していくことなんて出来るのか?ということについてです。

流れとして、一番最初にオープンメディアを活用した不特定多数の人への情報発信で、情報に価値を感じてくれるファンを集めますよね。

そしてその集まった人たちに向けて、自分の作成したコンテンツを提供していくことで収入が発生するということは理解されたと思います。

ただここで生まれる疑問は、実際にどうやってコンテンツを提供すれば良いのか?ということですね。

正直な話、この問題はめちゃめちゃ簡単に解決します。

ではどうするのかというと、ここで出てくるのが、クローズドメディアです。

クローズドメディアとはなんなのかというと、オープンメディアのような不特定多数の人に向けて情報を発信するメディアとは違って、クローズドという名の通りで、一部の限定されたユーザーにのみ情報が公開されるメディアのことですね。

要はLINEとかメルマガのようなメディアを指します。

つまり、コンテンツの提供は、基本的にこういったクローズドメディア上で行います。

なぜわざわざクローズドメディアを介しての販売方法を取るのかというと、基本的な考えとして、情報発信で集めたファン・要は見込み客があなたのコンテンツの購入へと繋げるには、あなたのコンテンツを欲しいと思ってもらう必要があります。

つまり、コンテンツを欲しいと思ってもらうための販売教育を図らなければいけないんですね。

で、ここでいう販売教育というのは、コンテンツを購入することで、購入者のその後にどういった影響をもたらしてくれるのか?

要はコンテンツ購入によって抱えていた悩みはちゃんと解消されるのか?ということを伝えていくことですね。

なので情報発信のみで販売を試みると、

あなたの発信している情報には価値を感じてくれてわいるんだけど、実際にコンテンツを購入するか?と聞かれれば、まだ一歩届かない段階なんですね。

なぜなら、人は確証の低い商品を購入したいとは思わないからです。

つまり、購入後こリターンがある程度明確化されていないと購入へと踏み込むことが出来ないんです。

だからこそ、オープンメディアの情報発信で集めたファン・見込み客と呼ばれる人たちを、今度はクローズドメディアに誘導して、そこで今言った販売教育を行うことで、コンテンツへの確証を生み出すことで、コンテンツを購入したい!という段階にステップアップさせる必要があるんです。

クローズドメディアをわざわざ活用していく理由はここにあります。

クローズドメディアはさっきも触れたように一部の限定されたユーザーにのみメッセージが配信されるメディアです。

つまり、クローズドメディアにはあなたの情報に既に価値を感じてくれている見込み客を誘導しているので、一対一でのやり取りが可能なクローズドメディアは非常に教育が図りやすいんですね。

そこで寄せられる悩みや不安に対して直接アンサーするも良し、その悩みの解決になら自分の提供しているコンテンツが最適です。と直接伝えちゃうことも出来ます。

更には、クローズドメディアの最大の特徴ともいえる、ステップ機能というものを大いに活用することで、クローズドメディアでのメッセージを自動で配信することが可能となります。

このステップ機能についてをさらに詳しく話すと、

要は予め教育に必要なメッセージを作成しておいて、そのメッセージを数日間に分けて自動で配信されるように設定しておくことご出来たり、

何通かのメッセージを作成しておいて、流したい順番に自動で流れるように設定したりとか、

あとはコンテンツのオファー自体も自動で配信されるように設定しておくことが出来たり、

あなたが直接手を下さなくてもコンテンツが売り上がっていく状況を作るのに最適な機能のことです。

このビジネスで稼いでいる人なら基本的に皆んなが漏れなく活用しているくらいです。

これが仕組みを構築して収入を発生させるビジネスです。

働かずして生きていく方法:まとめ

流れを再度繰り返しお伝えすると、
  1. まずは情報発信をして情報に価値を感じてくれる見込み客を集客する
  2. そして、その見込み客に提供するデジタルコンテンツを作成
  3. 情報発信で集まった見込み客をクローズドメディアに誘導し、しっかりと販売教育を行ったのちに、コンテンツを提供する
収入が生まれるまでにやるべきことはたったのこれだけです。

なので、記事のテーマでもある、仕事をしたくない人が働かずして生活していきたいのであれば、このようにネットを効率良く活用しながら、徐々に仕組みとして構築してもらえればと思います。

そして、この記事を最後まで見てくれた方に特別なご案内があります!

今回解説してきましたネットを効率的に活用して、自動で収入を発生させるビジネスで、数ヶ月後には本当に稼いで自由になるためには、もう少し色々と掘り下げて詳しく解説していく必要があります。

そこで今回、僕の公式LINEアカウントの方で、今回の動画で話したビジネスで稼ぐために必要なことをさらに深掘りしながらより詳しく、具体的に解説をしている無料講座を実施しています。

ですので、心の底から仕事を辞めたいと思っていたり、自分の人生を本気で変えたいと思っている人は、是非僕の公式LINEアカウントを無料で友達追加してみてください。

>>LINEをやっていない方はこちらをクリック<<

友達追加後、すぐに無料講座が送られるように設定していますので、今日の内容が少しでも頭に刻み込まれているうちに無料講座を受講していただけると、より理解が深まり、自分の収入発生にもつなげられるはずですからね。

この記事内で分からない事・理解出来ない部分があった方も、無料講座にお越しいただければ解決されると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました