WordPressで会員サイトを秒速で作成する方法【事例を基に解説】

SEO
メルマガで稼ぐ仕組みを知りたい人

ワードプレスで会員サイトを作りたいけど、有料ツールとか必要なの?

 

お金も時間もかけずに簡単に作る方法ってないかな…

 

こういった悩みを解消します。

 

本記事では、超簡単に無料でワードプレス会員サイトを作成する方法を解説していきます。

今回解説する会員サイト作成方法は、主に教材、コンテンツ販売やスクール参加者限定サイトの作成を手軽に行いたいといったような、個人ビジネス実践者に向けたものです。※企業様向けの大規模なサービスではないのでご了承ください。
成田
 

 因みに、使うプラグインは1つのみですよ。

会員サイトに必要な機能って?

まずはじめに、会員サイトを作成する際に必要になってくる機能についてですが、個人で何かしらのコンテンツを会員サイト形式で作成し販売する場合は、正直そこまでいろいろな機能が必要になるということは基本的にはありません。

 

つまり至ってシンプルに考えて、「コンテンツ購入者だけが会員サイトにアクセスできる」状況を作り出せばOKというわけです。

 

大規模なサービスや特別な仕様が必要ないのであれば、このように作っていくだけで充分なクオリティを出すことは可能だと僕は考えています。

 

最も大事になる部分というのは、会員サイト内のコンテンツの質であり、そこにしっかりと価値があれば閲覧制限さえあれば十分なんだということです。

さらに、ワードプレスには無料でも素晴らしい高クオリティを誇るテーマがあるので、テンプレートと今回お伝えする方法を併用していただければ、正直な話ワードプレスを既に使っている方であれば有料のサービスを使う必要はないです。

因みに僕はcocoonというテーマを使っています。

 

ということで、「会員さん(購入者)だけがアクセスできるサイトで充分」という方であれば、必要以上に時間もお金もかける必要なく、無料で簡単にサイト作成をしていきましょう。

WordPressで会員サイトを無料で作る方法

成田
 

既に独自ドメインを取得済みの方であれば、やることはたったの2つだけです。

  • お使いのブログドメインにサブディレクトリを作成する
  • プラグイン「Password Protected」を有効化する

主にこの二つの作業をやっていただければ、あとはサイト内にコンテンツを投下していくだけで完成です。

お使いのブログドメインにサブディレクトリを作成する

上記画像のように、現在お使いのドメインが既にある場合は、その1つのドメインで複数のサイトを所有することが可能です。

お持ちでない場合は、独自ドメインの取得とレンタルサーバーの契約を先に済ませましょう。
 

僕の場合、「https://naando.net/」というドメインでブログ運営をしていますが、このドメインを使って「https://naando.net/○○○/」というように複数のドメインを無料で作ることができるというわけです。

僕はロリポップ!サーバーを使っていますが、基本的にどこのサーバーでも1つのドメインで複数のドメインを取得することができます。

プラグイン「Password Protected」を有効化する

会員サイトようにワードプレスを用意できましたら、「Password Protected」というプラグインをインストールし有効化してください。

このプラグインを使うことで、ワードプレスにパスワードを設定することが出来るようになります。

このパスワードを購入者にのみに伝えることで、パスワードを知っている人のみがアクセスのできる会員サイトの完成です。

「Password Protected」のインストール、有効化方法

「プラグイン」メニューの中にある「新規追加」をクリックして下さい。

① 検索窓に「Password Protected」と入力し、Enterキーを押します。

② 表示された検索結果の『Password Protected』のところの『今すぐインストール』をクリックします。※僕の場合は既にインストール&有効化済みなので、表示が有効になっています。

そうしますと、「プラグインのインストールが完了しました。」と出まして、そのすぐ下の「プラグインを有効化」をクリックして有効化してください。

これでインストール&有効化の完了です。

「Password Protected」のパスワード設定方法

パスワードをかける場合、『設定』⇒『Password Protected』もしくは『パスワード保護』により、プラグインの設定メニューから行えます。

  1. 『パスワード保護状況』…『有効』にチェックを入れます。これにチェックを入れることにより、パスワードをかける設定が有効になります。
  2. 『許可する権限』… 管理者やログインユーザーのパスワード入力を不要とする場合、必要に応じてチェックを入れます。
  3. 『新しいパスワード』… 任意のパスワードを2回(同じもの)入力します。
  4. 『変更を保存』… 設定が完了したら、『変更を保存』ボタンをクリックして設定内容を保存します。

これでパスワード設定の完了です!

スクール退会者への閲覧制限はどうすればいいの?

月額課金制のスクールなんかを運営していく場合に、退会者がパスワードを知っているためにサイトにアクセス出来てしまうという問題があります。

 

これに関しては『Password Protected』を使うのであれば基本、定期的にパスワードを手動で変更していただくことになります。

当月退会者が出た場合、翌月のパスワードを変更して既存会員にのみお知らせするという形です。
 
もし、この方法が面倒な場合は、『wp-members』というプラグインを使って頂ければ無料で会員サイトを作成することもできます。
 
ユーサー登録機能や、ログインIDとパスワードを個人ごとに発行できたり、閲覧制限をつけることもできます。
 
成田
 

ただ、使い方や設定方法を覚えることをする労力を考えた場合に、僕は『Password Protected』を使ってより簡単に作成することをオススメします。

WordPressで会員サイトを無料で作る方法:まとめ

本日の内容をまとめますと、

  • お使いのブログドメインにサブディレクトリを作成する
  • プラグイン「Password Protected」を有効化する

やることはとてもシンプルで上記2つのみです。

会員サイトを、手間とお金をかけずに簡単に作りたい場合には、是非参考にしていただければと思います。

追伸:『失敗しないネット起業講座』を開催致しました!

ネット起業のプロである僕が、インターネットを使ってオンライン起業するために必要な事の全てを、僕が運営している公式LINEアカウントで僕の実践経験を基に包み隠さず現在無料公開しています。

  • ネット起業に少しでも興味がある
  • ノーリスクで副業が始めたい
  • 時間・経済的な自由を手にしたい
  • 脱サラして自分が本当に望んでいた人生を謳歌したい
こういった考えを少しでもお持ちの場合は、是非僕のネット起業講座をチェックしてみて下さい!

>>LINEをやっていない方はこちらをクリック<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました