物事の捉え方次第で人生が決まるって本当?【仕事や人生を豊かにする考え方】

人生の悩み

こんにちは、ユウです。

今回は物事は「捉え方が全て」という話をしていきたいと思います。

というのも、

  • 何かを始めようとしている
  • 何かで壁にぶち当たった
  • 何かで成果が出た

こういった状況で、どういう風に物事を捉えるかによってその後の進み方は99%がらりと変わっていくと僕自身は非常に感じています。

ですので、これらの状況に直面した場合の考え方という部分から行動の仕方などをお話しできればと思います。

あなたが何かを始めるとき

何か新しいことを始めようとするときって、結構な勇気が必要になると思っていて、

「深く考えるよりも行動していこう」というように、行動力が最初から備わっている方であれば別なのかもしれませんが、基本的に大半の方というのは何かしらの理由をつけて新しく始めることを恐れてしまう傾向にあると思います。

 

これは僕も同じように考えていたのですごくわかります。

「自分でもうまくできるだろうか・・・?」

「自分にはできないんじゃないか・・・?」

「もう少ししてからはじめてみようかな」

こんな風に、不安なんですよね。

誰かがいないと始める勇気がでなかったり、不安が強いために行動することが出来ないというわけです。

ただ、少し考え方を変えてみるだけで、新しく始めることに対してそこまで億劫になることはなくなります。

 

この考え方というのは、「失敗しても当たり前に考えて楽しむ」というものです。

何かを始めたいと思いということは、そこに希望や楽しみを少なからず感じているはずです。

ただそれ以上に“失敗することが怖い”がために行動が出来なかったりするわけです。

だけど、最初からすべてうまくいく人なんてこの世界のどこを見渡してもいるはずないと思っていて、仮に1%いたとしても、それは例外であるという考え方を持つことが大事です。

失敗なんて何を始めるにも当たり前についてくるんだという風に固定概念から変えていけば、それほどまでに恐れることが無くなると思います。

むしろ、失敗はチャンスで、その失敗一つから改善点が見つかり、それが学びとなり、自分を成長に繋がっていく。

これを繰り返していくだけ。

なので、失敗をも楽しむということがかなり大切なんだということを覚えておいてほしいと思います。

壁にぶち当たったとき

そして壁にぶち当たった時です。

これは今お話した、失敗の話とリンクするわけですが、壁にぶち当たった時こそがあなたにとっての最大のチャンスだということです。

よく、

  1. 最初はある程度考えてうまくいった。
  2. ただ少し経って何かひとつ壁にぶち当たりうまくいかなくなった。
  3. だから、やめる

このパターンで、すぐにやめてしまう方を色んなジャンルで見てきました。

 

これって、非常に勿体ないと思いません?

「どうしてうまくいかないんだろう・・?」ってときこそ思考を巡らせ、分析を繰り返すことにより自分を成長させることに繋がるだけでなく、結果的に成果を生むことになると思います。

「うまくいかないからすぐにやめてしまう」というのは、やっていることに対する信念がないからだと僕は考えています。

要は、「自分は絶対にこれで成功するんだ!」というような何かしらの強い気持ちや意志があれば、そんな一つの壁くらいで立ち止まることはまずなくなるはず。

むしろどうすればうまくいくかを考えて行動する。

というのが、間違いなく最強の考え方です。

なので、失敗こそあなたにとって最大のチャンスなんだという考え方を持って、行動してもらいたいなと思います。

そして成果が出たとき

そして目標としていた成果を出せた時です。

ここに立つことができた人は、下記の二つの道に分かれていくと考えています。

一つは、成功に満足をして燃え尽きてしまう人

そしてもう一つは、一つの成果に満足することなく淡々と走り続けられる人

ここで、その先の未来は決まると僕は考えています。

 

この考え方を説明する上で、僕にとってのドンピシャな例えがあるので、それでお話していきます。

この例えというのが、クリスティアーノ・ロナウドです。

この名前を聞いたことがない人はいないんじゃないかというくらいのスーパースターです。

クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ OIH(Cristiano Ronaldo dos Santos Aveiro[5]1985年2月5日 – )は、ポルトガルフンシャル出身のサッカー選手セリエAユヴェントスFC所属。ポルトガル代表。ポジションはフォワード

 

サッカー関係者からしばしば世界最高の選手と評されるプレイヤー[9][10][11][12][13][14]。所属した3チーム全てにおいてリーグ戦・国内スーパーカップでの優勝を経験しており、UEFAチャンピオンズリーグを5度制覇している。イングランドプレミアリーグで3度、スペインリーガ・エスパニョーラで2度、2019年にはイタリアセリエAでも優勝し、欧州三大リーグで優勝した史上初の選手となった[15]。UEFAチャンピオンズリーグで7度得点王を獲得し、バロンドールを5度受賞するなど数々の栄誉を手にした。また、レアル・マドリードの通算最多得点記録、プレミアリーグのシーズン最多得点記録[注釈 1]、UEFAチャンピオンズリーグの通算最多得点記録・同シーズン最多得点記録などで、数々の記録を打ち立てている[17]

サッカーポルトガル代表では主将を務めており、同国代表の歴代最多出場記録、欧州国家における代表最多得点記録の保持者であると共にUEFA欧州選手権の通算最多出場、最多得点記録保持者でもある。UEFA EURO 2016では主将としてポルトガルを主要な国際大会初優勝に導いた。


出典: Wikipedia

彼の本当のすごさというのは、間違いなく先ほど話した2つの道で、迷わず走り続ける道を進んだということだと思います。

詳しくは各自調べて頂きたいのですが、彼は2008年に世界で年間最高のサッカー選手に贈られるバロンドールを受賞しています。※当時23歳だったはず。

そんな順風満帆だった彼の前に、ある一人の男が立ちふさがります。

その男は、リオネル・メッシです。

メッシ(Messi)こと、リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニLionel Andrés Messi Cuccittini , 1987年6月24日 – )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身のイタリア系アルゼンチン人サッカー選手リーガ・エスパニョーラFCバルセロナ所属。アルゼンチン代表。ポジションはフォワード


13歳でFCバルセロナに加入し、17歳でトップチームデビューして以降、9度のリーガ・エスパニョーラ優勝、6度のコパ・デル・レイ、4度のUEFAチャンピオンズリーグを含むバルセロナ歴代最多33回の優勝に貢献。自身も歴代最多タイ5回のバロンドールを受賞し[注 2]、5回のチャンピオンズリーグ得点王と歴代最多5回のゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得している。同クラブの歴代通算最多得点(577ゴール)の記録を保持しておりラ・リーガ(401ゴール)、クラシコ(26ゴール)の歴代最多ゴール記録を保持している。また多くのサッカー関係者、選手にサッカーの歴史上最高の選手と呼ばれている。


アルゼンチン代表では2005年8月から代表に選出され、2010年からはキャプテンを務めている。同国代表の通算最多得点記録及び通算最多アシスト記録の保持者でもある。2005 FIFAワールドユース選手権に出場し、優勝するとともに自身もゴールデンボール賞(MVP)、ゴールデンシューズ賞(得点王)を受賞した。2008年、北京オリンピックに出場し、金メダルを獲得した。2014 FIFAワールドカップではアルゼンチンの準優勝に貢献し、大会MVPにあたるゴールデンボールを受賞した。南米全てのチームからゴールを奪った史上4人目の選手である[7][注 3]。W杯南米予選で通算21ゴールを記録しており南米予選歴代最多得点者でもある[8]


2012年、公式戦69試合に出場し91得点を記録した。これは1972年にゲルト・ミュラーが作った公式戦年間最多ゴール記録85ゴールを40年ぶりに破った記録である[9]。更にこの年にまたがる2011-12シーズンラ・リーガでシーズン37試合に出場し50得点を記録。スペイン記録のみならず、1976-77シーズンにルーマニア1部リーグディナモ・ブカレストドゥドゥ・ゲオルゲスクが記録した47得点を抜き、欧州のリーグシーズン最多得点記録を更新した[10]。この記録はギネス世界記録にも認定されている[11]


出典: Wikipedia

彼もクリスティアーノ同様に、聞いたことがない人はいないレベルのスーパースターです。

メッシはその後の2009年~2012年までの4年間、連続でバロンドールを受賞することになります。

クリスティアーノも常に世界最高レベルの結果を出し続けてきたものの、それを上回る活躍を見せるメッシに一歩届かず世界最高の称号を4年間も譲ることに。クリスティアーノからすればかなりの屈辱だったはずです。

「このままじゃだめだ。」とその当時の心境を、何かのインタビューかTVで見た記憶があります。

 

そんな中でも諦めずに常にトレーニングを全力で行い、ゴールやチームの主要大会優勝という結果を出し続け、2013年に5年ぶり2度目のバロンドール受賞を成し遂げることになります。

授賞式では涙を浮かべながら「言葉に出来ない」と喜びを語るくらいやってきたからこそ得られた賞だと思います。

それからお互いに5度のバロンドール受賞をし、メッシに唯一肩を並べる選手としてクリスティアーノは34歳となった今でも君臨し続けています。

 

 

このように、燃え尽きることなく走り続けることが人生において何よりも大事なことということを多くの人に間接的に伝えてくれているように感じます。

とわ言いつつも、ロナウドやメッシのようなレベルで、物事に打ち込むことが出来なかったとしても、一度結果を出しただけでそこに満足するのではなく、常に向上心を持って上を見ていくことがとても大切なんだということを僕はロナウドから学びました。

これほどの成功者が、分野は違えど成功するために必要な事を見せてくれているわけなので、同じように何かを始める際や一つ結果を出した先にいかに上を目指しながら継続できるかという部分に意識を置きながら行動していきましょう。

まとめ

ということで、このように捉え方ひとつであなたの人生・未来というのは進む道が大きく変わっていきます。

なので今回お話したことが、少しでもあなたのプラスになることを願っています。

追伸:『失敗しないネット起業講座』を開催致しました!

ネット起業のプロである僕が、インターネットを使ってオンライン起業するために必要な事の全てを、僕が運営している公式LINEアカウントで僕の実践経験を基に包み隠さず現在無料公開しています。

  • ネット起業に少しでも興味がある
  • ノーリスクで副業が始めたい
  • 時間・経済的な自由を手にしたい
  • 脱サラして自分が本当に望んでいた人生を謳歌したい
こういった考えを少しでもお持ちの場合は、是非僕のネット起業講座をチェックしてみて下さい!

>>LINEをやっていない方はこちらをクリック<<

ということで最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました