ブログ記事の文字数の目安をSEO的な観点から解説【評価させる記事の書き方】

ブログの悩み

今回の記事では、ブログを書く際に一体何文字書けば検索上位の取れる質の高い記事とGoogleに判断されるのか?最適な文字数の目安を知りたい!という方に向けて、Googleに評価してもらえるブログの作り方をお伝えできればと思います。

 

ということで、

ダラダラと前置きを書いてもしょうがないので、早速結論からお伝えしちゃいます!

 

SEO的に評価されるブログ記事の文字数とは、

ユーザーの検索意図に沿った悩み解決に繋がる情報量がしっかり記載された記事

これがズバリ結論となります。

 

つまり、文字数が多いから評価されるということでもなければ、少ないからといって必ずしも評価されないということではないと結論付けします。

そこよりも、大事なのは検索ユーザーの悩みを解消してあげられる情報が記載されているのかという点。

 

検索エンジンからブログ記事に訪れる読者が第一にその記事に求めること、それは悩みや疑問の解決に繋がるか?必要な情報が記載されているのか?この辺りのはずです。

従って、文字数が少なかろうが、ユーザーの検索意図に沿って悩みが一発で解決することに繋がる記事がかけていれば、それは評価されるブログ記事と考えて良いです。

 

当ブログでお伝えする文字数の基準値は、

  • 多い→3000文字以上
  • 少ない→1500文字以下

とします。

検索上位に表示される記事はGoogle &ユーザーに好まれる記事

turned-on monitor

とても大事なことなのでもう一度。

 

ブログを書く上での文字数というのはあくまでも記事に記載されている情報量を数字で表したものであって、最重要事項ではありません。それよりも他の部分に目を向けなければ評価のされるブログを作り上げるのは難しいでしょう。

 

繰り返しますが、ブログ記事で最も重要なことは、ユーザーの抱える悩みの解決を他のどの記事よりも満足度120%になるよう仕上げること

文字数よりも、どう書けば満足してもらえるのか?この角度から伝えてあげると分かりやすいかな?などなど、このようにユーザー目線での記事執筆を心がけましょう。

記事のジャンルごとに求められる文字数(情報量)も変わってくる

それから検索上位に表示される記事が必ずしも文字数の多い記事というわけではありません。

 

現に、この記事で狙っているキーワードでもある「ブログ文字数」というキーワードで上位表示されているヒトデブログさんの記事が、記事内で解説されている通り1400文字でまとめ上げているんですね。

 

このことからも分かるように、必ずしも文字数が多ければユーザーに満足され、Googleにも評価される記事ではないということが分かります。

 

つまり、求められる文字数(情報量)というのは、各記事のジャンルごとに異なるということになります。

 

例えば、当ブログでも発信している「副業で稼ぐ」というテーマで「副業で稼ぐ方法一覧」のような、まとめ記事を書こうとした場合、副業で稼ぐ方法は様々あるのに対して、文字数を少なくまとめつつ、満足度の高い記事を執筆するというのは限りなく不可能な話です。

なのでこういった場合は、必然的に文字数が多くなるということです。

 

逆に、文字の意味や読み方というような悩みに対して記事を用意するとなれば、間違いなく長ったらしい文字数での執筆は不適切です。

一言二言、一文二文で完結させた方がユーザーも満足するはず。

 

というように、ユーザーがどう感じるのかがなによりも重要で、そこに適した記事をかけていれば、それは評価される記事になり得るということです。

ブログ記事は、ユーザーのニーズに沿ってまとめるようにしましょう。

当ブログが教える最適な文字数

とは言いつつも、最適な文字数というだけあって数字的な落としどころもつけてほしいと思う方もいらっしゃると思います。

 

そこで、これは完全な僕自身の肌感覚となりますが、大体2000~3.4000文字程度を目安にまとめると良質なコンテンツになりやすいのではないかという主張を残しておきます。

 

5000文字以上必要なジャンルもあるので、その場合は5000文字以上が適していると言えるのでしょうが、現代において文字を読むという文化自体徐々に薄れていっている傾向にあることは明白で、メインは動画のように目で見て聞き流すものにシフトチェンジされていますよね。

 

そういったことを考えると、長すぎる文字数で書いた記事を最後までしっかり読み込んでもらえるのかという部分に関しても疑問が残ります。

それら不安点を考えた上、僕の記事は基本的に結論からお伝えするような構成で作っています。

 

プラスで、そのくらいの情報量であれば客観的に見ても長すぎず短すぎない読みやすい文字数になるのではないかな~ということを踏まえて、2~3000文字、多くて4000文字という結論に至りました。

 

さらに僕のブログで検索1ページ目に表示されている記事が、2000文字~4000文字のもが殆どであったためでもあります。

 

ただし、上記で解説した通りジャンルによって悩み解決に必要な情報量というのは必ずしも異なります。

従って、ここでお伝えした最適な文字数が必ずしも適切なものではないことを認識した上でブログ記事の執筆に努めていただきたいです。

まとめ:文字数を気にするよりもユーザーの満足度を第一に考えて記事を書こう!

person using MacBook Pro

では、本記事の内容をおさらいします。

 

  • ブログ記事の最適な文字数とは、ユーザーの検索意図に沿った悩み解決に繋がる情報量が記載されているかどうかというのを目安に
  • ユーザーのニーズを120%満たす記事がGoogleに評価される記事
  • 文字数は、各記事のジャンルごとに異なる
  • 数字的な落としどころをつけるなら、2000~3.4000文字を目安に執筆

以上が本記事の要点となります。

 

文字数を気にすることを辞めて、ユーザー第一に記事を書くようにすると、自然と文字数は嵩むようになることが多かったりしますので、少なすぎず長すぎずで満足を得たい場合は必ずユーザーファーストであることを推奨します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました