ブログ見出しの適切な使い方|SEO評価を高める記事構成とは?

ブログの悩み
本記事では、
  • ブログの見出しの最適な作り方がわからない
  • 見出しはseo評価に影響するの?
  • 正しく見出しを付ければアクセスアップが狙えると聞いた
このようなお悩みをお持ちの方に対して、ブログのアクセスアップに繋がる見出しの書き方と使い方についてを解説させていただきます。

見出しとは単純に文字を強調するためのものでもなければ、何となくテキトーに付けていいものでもありません。

 

見出しはseo評価にも影響を与えるとても重要な要素になりますので、見出しの適切な作り方をまだ理解できていない方には特に必見ですよ!

ブログ見出しとは?見出しの重要性

assorted-color abstract painting

ということで、まずはブログ見出しの重要性についてです。

ブログの見出しはなぜ必要で重要視されるのか、見出しの役割りを僕の経験を基に解説します。

 

ポイントは下記の3つ!
  • seo評価の向上に繋がる
  • 検索結果から多くのシェア獲得が見込める
  • ユーザリビティが向上する
それぞれ解説していきます。

seo評価の向上に繋がる

まず第一に、ブログの見出しを正しく付けることで記事のseo評価向上につなげましょう。

 

なぜ評価の向上に繋がるのかというと、Googleが検索結果で上位に表示させる記事というのが、ユーザーにとって有益な情報が書かれている記事となるので、見出しを正しく付けることで検索エンジンが記事の内容を把握するのにとても役立ちます。

 

なので、本文がいくら秀逸な記事でも見出しがテキトーだと検索エンジンからの評価を落とす原因となり得ます。

検索エンジンが良質と判断出来ない記事に関してはアクセスが見込めないので、その判断材料の一つに記事の見出しを正しく付けられているか?というところをGoogleには見られているわけです。

 

従って、記事の見出しはseo評価にも直結して影響を与える重要な要素となるのです。

検索結果から多くのシェア獲得が見込める

ブログの見出しを正しく付けることで、ユーザーの検索結果に表示されやすくなります。

 

まず、本記事の見出しはこんな感じです。

 

そして例えば、本記事は『ブログ 見出し』というキーワードで検索する人を対象に書いていますが、ユーザーの検索キーワードが『ブログ 見出し 作り方』や『ブログ 見出し 書き方』というように、悩みに対してより細かく検索された際に見出しにそれらキーワードを含めることで、検索結果に引っかかる確率を上げてくれます。

 

これは、『メルマガ アフィリエイト 始め方』と検索した際に上位表示されている僕の書いた記事ですが、記事説明文の下に青字が見えると思いますがそこが見出しとなっていて、ユーザーの悩みにより多くの角度からヒットさせることにつなげているわけです。

 

このように、検索結果でのヒット率を向上させるという面でも、見出しは適切なものをつける必要があることがわかります。

ユーザリビティが向上する

見出しを適切なものにすると、目次からどこに何が書いてあるかを瞬時に判断できるようになるため、ユーザーの悩みに対して高い利便性を提供することにつながります。

 

それから見出しが最適なものだと、章ごとに伝えたいことを素早く伝えられるという利点もあります。

 

逆に見出しが良くないとどうなるか…
ユーザーが検索意図に対して適切な回答を見つけるのに時間がかかる→記事を読む気が失せる→高確率で即離脱
ということになり兼ねます。

ユーザーは悩みを解決したいという目的を持ち、そこに対して理解しやすくてすぐにでも解決に繋がる記事を検索エンジンから探しているので、見出しが見にくいだけですぐ他の良質な記事に飛んでしまうのです。

 

ですから、見出しは高いユーザリビティを保つためにも適切なものを付けるようにしましょう。

ブログ見出しタグの正しい使い方

ここまでで見出しの重要性について深く理解していただけたと思いますので、いよいよ技術的な部分でもある見出しタグの正しい使い方を解説していきます。

 

といっても使い方は非常にシンプル且つ簡単ですのでご安心ください!

使い方の主な要点

  • 基本的に使うのはh2とh3 
  • タグを使う順番をバラバラにしない
では、解説していきますね。

基本的に使うのはh2とh3 『正しいコンテンツの階層構造』

まず見出しは、数字の低い順に使っていきます。1から6のサイズに分かれていて、1のh1タグというのはタイトルとして使われるものという認識でOKです。

 

なので、WordPressのエディターで文書内にこのタグを入れることは基本ありません。

メインで使う見出しタグは、主にh2タグとh3タグとなります。

 

使う際の認識としては、
  • h2タグ→大見出し
  • h3タグ→小見出し
この記事の見出しを見てもらえれば分かるように、まずは1つの章全体で伝えたいことをh2タグに記載して、情報量が多い場合はそこから更に伝えたいことを小出しにするイメージでh3タグを使って情報を細分化しています。

※その章で伝えたいことがh2タグのみでまとめられるのであればそれでOK。

 

そうすることで、コンテンツに階段構造が作られるので、記事を見た人がどこにどんな情報が記載されてるかを判断しやすくします。

 

コンテンツに階段構造を作ることはGoogleが推奨していて、このように正しく見出しを使うことで自然と読みやすい記事が出来上がりますよ。

基本はこの2つのタグで見出しを構成し、更にそこから細分化したい場合のみh4タグを使うようにすると良いです。

 

しかし、あまりに小分けにしても逆に見にくい見出しが出来上がってしまうだけなので、使うならh4までにすることを推奨します。基本はh2とh3で間に合うはずです。

タグを使う順番をバラバラにしない

タグを正しく使うと階段構造が出来てユーザーが読みやすい記事になる反面、タグを正しい順番で使わなければ読みにくて分かりにくい記事になってしまいます。

 

例えば図のように、h2タグを使った後にh4タグを入れていたり、h3タグをいきなり入れていたりすると、目次を見たときに読みにくいのは当然として、記事自体がぐちゃぐちゃな構造で作成されているとGoogleに認識されてしまうため、記事の評価を落とす原因になり得ます。

 

従って、見出しは必ず階段構造にすることを意識して、適切に使いましょう。

Googleに評価される見出しの書き方『seo対策』

turned on monitoring screen

見出しタグの適切な使い方を理解していただきました所で、最後にGoogleに評価される見出しの書き方についてを学んでおきましょう。

 

見出し文の書き方を学ぶことはseo面でもメリットしかないので、是非ここで落とし込んでいってください。

 

この章で伝えたいことは、
  • 狙いたい検索キーワードを見出しに盛り込む
  • ただキーワードだけ入れるのはNG
キーワードについてです。

狙いたい検索キーワードを見出しに盛り込む

見出し文を書く際のポイントとして、記事で狙う検索キーワードをなるべく見出し盛り込みましょう。

 

不自然にならないことを前提にですが、上記でも解説したように、見出しに検索キーワードを入れることで検索エンジンでのヒット率を上げるバリエーションになります。

 

それから、h2タグは章全体で伝えるべきことを書くため、必然的にキーワードを絡めた見出しにしやすいため、キーワードを盛り込む際はh2タグに入れると自然と良い見出しになりやすいです。

ここで意識的にキーワードを入れているのといないのとでは、検索結果が多少なりとも変動すると思ってください。

ただキーワードだけ入れるのはNG

ただし、キーワードを入れることにとらわれ過ぎて、キーワードとにかく全ての見出しに入れるみたいにするのはやめましょう。

 

明らかに見にくい見出しになってしまうことが予想されますし、様々なニュアンスを使って伝えてあげたほうが、ユーザーからの共感も得られると思います。

 

見出しを書いていると、

「キーワードを入れたこのニュアンスより、こっちのニュアンスで書いた方が伝わるな~」

 

みたいに思うことって多々あると思うので、そんな時は読者により伝わりやすいはずと感じた方で書くことが望ましいですが、そんな時は出来ればバランスを崩さない程度にキーワードも入れるスタイルで書くと良質な見出しとなるはずですよ。

 

ここでの最重要ポイントは、ただキーワードを入れるのではなく、その章で最も伝えたいこと+キーワードで見出しを書きましょう!

まとめ:ブログの適切な見出しの作り方

それでは、要点から復習しましょう。
  • 見出しを適切に使うことで、seo・ユーザー評価の向上に繋がる
  • タグは階段構造になるようにして使う
  • 見出しにはなるべく検索キーワードを盛り込む
これらの点を守った上で記事を書くと、記事全体の評価の底上げに繋がるので、アクセスアップに効果的ですよ。

他の部分からもアクセスアップにつなげたい場合は、記事の書き方からseo対策までそれなりに知識をつけていくことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました